ご挨拶

この度、第27回多文化間精神医学会学術総会の会長を拝命いたしました慶應義塾大学 精神・神経科学教室の三村將でございます。四半世紀を超える歴史を持ち、数ある精神医学の関連学会の中でもユニークな位置を占める本学会の学術総会を担当いたしますことを心より光栄に思い、また楽しみにもしております。
第27回学術総会は2020年11月14日(土)・15日(日)の両日に慶應義塾大学三田キャンパスにて開催をいたします。総会のテーマは「第四次産業革命時代の多文化共存」とさせていただきました。言うまでもなくIoTやAI、ロボットなどの技術が加速度的に進化し、人と人とのつながりのありかたも大きく変化してきています。情報が瞬時にやりとりされ、共有されるハイテク時代に合っては、文化摩擦が大きく低減されていく側面と共に、一方でこれまで予期していなかったような新たな問題も浮上してきています。これら新時代の多文化間の問題に対処し、共存していくには、職種や専門領域を超えたあらゆる立場の人々が知恵を出し合っていくことが求められています。
本学術総会では、参加される皆さまにとって有意義な2日間となるよう、多岐にわたるテーマでプログラム内容の充実を図っていきたいと考えております。会員の先生方からの多くのご提案・ご企画もお待ち申し上げます。近年、訪日外国人の数は年々増加していますが、本年は東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、国際交流はさらに活況を呈することと思います。東京2020後の熱気冷めやらぬ秋の東京にぜひ足をお運び頂ければ幸いです。多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

 

第27回多文化間精神医学会学術総会 大会長
慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 三村將

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る